Photos




Remerciements aux photographes de ce Diaporama

Gael KERBAOL, Norbert TUSSEAU, Gilles COCHEVELOU, Bart VANOUTRIVE, Koen BEAUTERS, Antoine TILLY, Gérard CLASSE

et Collection Privée

Paysages par Yvon BOELLE

5 réflexions au sujet de « Photos »

  1. Demat Alan,
    I sorely wish I was living in Breizh and could hear you play on this upcoming tour. The last time I was able to hear you live was in 2007 on my 3rd sojourn to Brittany. I always await your new albums with great anticipation. Where will your music take me this time? Will it challenge me to follow, challenge me to open up to new avenues for me to tread down, the way Explore, Terre des Vivant, The Mist of Avalon and others have? Your creativity and genius for fusing various influences never ceases to amaze me and brings me such joy. I am happy that this new album is finally close to release.
    Trugarez ha kenavo Alan,
    Rob Tompkins

  2. 秋葉原の面接の後ちょっと歩いてたらリサイクルショップがあっていろんな商品券を売っていた。
    Amazonギフト券も売ってるのかなと思ってざーっと見てみたんだけど、意外なことにアマゾンとかiTunesとかのギフト券は売っていなかった。あんなに日本で一番使われてるサイトのギフト券なのにスゴい意外。
    阿波野さんにどうしてAmazonギフト券は売っていないのか聞いてみたところ、さすがなんでも知っている店員さんはスラスラと教えてくれた。
    簡単に言えば、Amazonギフト券みたいなコンビニとかで売ってるギフト券はビール券みたいな紙に印刷された商品券と違くて、紙には価値はない。その代わりスクラッチして出てくるギフト券番号に価値がある。紙はいらない。番号だけあればいい。
    ただ紙の商品券は使えば済印押されて使ったことがわかるが、ギフト券番号は使ったものなのか使っていないのかがわからない。コードが消えるわけではないから。
    だから金券ショップはそのギフト券の英数字が使用済みなのか未使用なのかがわからない。だから買取対象外というわけ。
    なるほどアキラ先輩、キレっキレっでわかりやすかったぜ。

  3. Hi, Neat post. There is an issue along with your web site in web explorer, could check
    this? IE nonetheless is the market leader and a big component to folks will miss your wonderful writing due to this problem.

  4. どうも。最近、空き家が増加の一途です。空き家の対処をしっかりしておかないと一生を棒に振る可能性もすごくあります。
    空き家を買い取ってもらうことを望むならライバルに比べて今すぐに空き家買取業者媒介契約を頼んですぐにでも売り出すのが必要です。
    なぜなら、空き家を欲しい人が少ないため、激しい値引き合戦になってしまっているためです。同じことですが空き家を他の用途にする場合も同じです。空き地を貸すことを想定するなら専門知識を持った人の協力は絶対に必要です。個人ではどんな道が選べるのか、どんな項目にいくら必要かという細かいことが考えられないからです。
    計算しない状態で物事を進めると損失になってしまいかねません。空き家問題で失敗しないためには、可能な限り早く、かつプロの協力を受けることが大事なことだと言えるでしょう。空き家をほうっておくと崩壊などのリスクも考えるべきです。損失を出したならその責任は持ち主が持たなければなりません。もし、そんなことになると管理費などのコストでは済まず賠償責任までかかります。その費用はバカでかくなり、とても一個人では支払うこともできないでしょう。

Laisser un commentaire

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée.

*
To prove you're a person (not a spam script), type the security word shown in the picture. Click on the picture to hear an audio file of the word.
Anti-spam image